2017年4月27日 (木)

伊予から土佐へ

前回の続き

佐田岬メロディーラインを八幡浜まで戻って大洲へ向かう。
大洲市内から松山道に乗って宇和島へ。
時間が押してきているので大洲市内観光も宇和島城見学もカット。

だけどせめて鯛めしだけは食べたいと思って宇和島駅近くの「かどや」へ。

Img_3599

鯛めしも地域によってちょっと違うようやね。
宇和島の鯛めしは玉子と出汁で溶いたタレに鯛の刺身と薬味を漬けて白ご飯の上に載せタレを適宜にかけて食べる。

どちらかというと鯛の入った玉子かけご飯のような感じかな。
鯛の淡白さがタレの味とマッチして美味しかった。
鯛の身がもう少し多ければなお良かったけどね。

Img_3598

機会が有れば、もう一種類の食べ方、炊き込みご飯風の鯛めしも食べてみたいな。

R320で鬼北町へ出てR381、R441で四万十川に沿って南に下る。
初めて見る四万十川だ。
長閑な風景の中をのんびり流しながら走る。

岩間沈下橋

Img_3601

取りあえず一度は渡っておこう。
屋形船がゆったりと浮かんでいた。

Img_3603

そして勝間沈下橋
下流にあるのでこちらの方が橋の幅も広くて通りやすい。

Img_3608

やがて四万十市に入った。
けど隣に四万十町もあって紛らわしいね。

四万十町は上流~中流域、四万十市は中流~下流域ということになる。
四万十川は大きく湾曲して流れているので南からR56を走ると四万十市を通って四万十町に向かうなんてことになる。

四万十市は旧中村市だけど元々中村と言えば四万十川下流の街ってイメージが有ったので、あえて改名する必要はなかったと思うけどね。
どうにかならなかったのかね。

四万十市からはR321で足摺岬に向かった。
五時半頃に「足摺パシフィックホテル花椿」に到着。

ちょっと古い建物だけどオーシャンビューのツインの部屋に一人で泊めてもらった。

Img_3611

部屋も料理も満足だったけど風呂に行くのに幾つか階段を降りて長い渡り廊下を歩かなければいけない。 露天風呂に行くのにもまた長い廊下を裸のまま歩かなければいけないのには参ったね。
冬だと風邪をひいてしまうよ。
建物が古いだけにバリアフリーには程遠い建物だった。

翌朝も快晴。
ホテルから10分ほどで足摺岬の駐車場に到着。
入口には中浜万次郎の銅像が太平洋に向かって建っている。

Img_3612

そして向かいには第三十八番札所金剛福寺があった。

Img_3617

椿のトンネルをくぐって足摺岬灯台へ。
どうして灯台への道にはどこも椿のトンネルがあるのだろうね?

Img_3615

Img_3616

足摺スカイラインを走る。
適度なカーブが続く快走路だけど展望はあまり開けない。

土佐清水の街からR321で昨日通過した四万十市まで戻る。
四万十市からはR56で四万十町を通り四万十町中央から高知道に入った。

須崎中央で降りて横浪黒潮ラインへ向かった。
黒潮ラインへは逆方向の桂浜方面から入った方が判りやすいし景色もよく見えるようだ。

コーナーの続く快走路で木々の間から時折太平洋が見渡せる。
時々爆音を響かせて対向車線を4輪がコーナーをかなりのスピードで曲がってくる。
それに途中には「第36番札所 青龍寺」があるのでお遍路さんも時々歩いているので要注意やね。

Img_3625

Img_3629

途中の展望台には武市半平太の像が太平洋に向かって建っていた。
土佐は幕末から維新にかけて活躍した人を多く輩出しただけにあちこちに銅像がたくさんあるね。

Img_3623

K14沿いの公園入口に大きな鯨のモニュメントが建っていた。

Img_3631

県道を道なりに進めばやがて桂浜に出る。
以前に桂浜に来たのは40年以上前だったと思う。

坂本竜馬像はこんなに高台に建っていたんやね。
もっと砂浜近くに建っていたような気がしていた。

Img_3632

昔懐かしいアイスクリンを売っていた。

Img_3635

砂浜は案外すいているね。

Img_3637

そろそろ昼時だけど高知市内に出るのも面倒になって駐車場近くの土産物店兼お食事処で昼食。
せめてもの「カツオのたたき定食」
ひろめ市場まで足を延ばせばよかったかな?

Img_3640

高知インターから高知自動車道に乗れば家まで高速を降りずに帰れる。
高速道路網が整備されて高知も近くなったもんだ。

今回のツーリングは2日とも快晴に恵まれてよかったよかった。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

2017年4月24日 (月)

佐田岬は遠かった。

土日を利用して一ヶ月ぶりにツーリングに行くことにした。
週末ごとに天気が悪かったり、用事があったりでバイクに乗るのは久しぶり。

金曜日の仕事が終わってから南港フェリー乗り場へ向かった。
ゴールデンウイーク前とあってバイクの数もそれほど多くはない。

乗船を待つ間はなんだかワクワクするね。

Dsc_0609

10時出港のオレンジフェリーで東予港へ向かう。

Dsc_0612  

翌朝6時東予港に入港。
いよ小松インターから松山道を東に向かう。

この時期は服装が難しい。
軽装で出てきたので朝の空気が冷たい。

伊予灘SAで朝食
じゃこ天入りうどんで体を温める。
愛媛に来たら一度はじゃこ天を食べておかないとね。

Img_3552

防風インナーを着こんで出発。
伊予インターを出てR378、夕焼けこやけラインを西に進む。
 
日も高く上がってきれいな青空が広がってきた。
空の色を映した伊予灘の海がきれいだ。

R378と並行して走る予讃線の下灘駅
日本一海に近い駅だそうだ。

Img_3567

ちょうど列車が入ってきた。
夕焼けの頃に来ればもっと郷愁を誘うやろうね。

Img_3558

Img_3559

Img_3560

八幡浜からはR197、佐田岬メロディラインで佐田岬へ向かう。

途中にある「せと風の丘パーク」
風力発電の風車が尾根伝いに沢山並んでいる。

Img_3572

海に突き出た半島だけに尾根上は風が強い。
すべての風車がゆっくり回っている。

羽根の風切り音と発電機の音だろうか、風車の下へ行くとウォンウォンウォンとずいぶん大きな音がする。
近くに民家があると騒音公害になりそうだ。

Img_3569

九州佐賀の関行きのフェリーが発着する三崎港
じゃこ天の看板があちらこちらに目立つ。

Img_3574

じゃこ天は朝に食べたのでじゃこ天ならぬじゃこカツで小腹を満たしてさらに先を目指す。

Dsc_0613

ここからはK256で佐田岬灯台を目指す。
右手に伊予灘、左手に宇和海を眺めながら進むと道路の終点が佐田岬灯台の駐車場。 向うには九州が見えている。

Img_3575

車が数台とバイクが2台止まっているだけ。
八幡浜からは結構時間がかかるし又戻らないといけないので、ここまで来る観光客はそれほどいないようやね。

Img_3597

灯台へはさらに片道20~30分ほどアップダウンのある遊歩道を歩くことになる。
椿のトンネルを抜けて一汗かいてやっと灯台に到着。

Img_3583

Img_3584

しかしこんな看板が有って灯台のそばには近づけないようだ。

Img_3585

灯台の先に御籠島展望所と言うところがあった。
生簀のように使っていたそうだが畜養池跡や戦時中の洞窟式砲台跡などが保存されている。

御籠島から眺める佐田岬灯台
ここが四国の最西端だ。

Img_3589

Img_3596

洞窟砲台の穴が見える。
戦時中はここから昼夜にわたって豊後水道を通る敵船がいないか見張っていたんやろうね。

Img_3592

こんな大砲で命中させることが出来たんやろうか?

Img_3593

しかしここまで来るのに予定よりずいぶん時間がかかってしまった。

予定ではこの後、大洲に戻って大洲市内観光を少ししてから宇和島経由で足摺岬まで行くつもりだった。
足摺岬のホテルを予約してあるので大洲市内観光はカットしないといけないようだ。

それでは宇和島目指して出発だ。

続きは次回で

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

2017年3月28日 (火)

あれ、間違えた?

他のブログで時々見る、知多半島の「まるは食堂」
新鮮な海鮮料理を食べさせてくれるそうだ。
知多半島の先っぽにあるらしい。

先日の土曜日、天気もよさそうなので行って見ることにした。
知多半島を走るのは初めてだ。

名阪道を西へ、
これは名阪伊賀SAだったかな?

Img_3518

東名阪、伊勢湾岸道を通って知多半島道路へ
東名阪の反対車線、四日市辺りから伊勢方面は相変わらず長い渋滞やね。
帰りが心配だ。

美浜インターで降りて「えびせんべいの里」で小休止。
淡路島にも「たこせんべいの里」が有るけど同じ会社かな?

Img_3520

広いスペースに沢山の種類のせんべいを売っている。
試食や工場見学ができるのも同じだ。
お土産に「えびせんべい」ではなくてなぜか「たこせんべい」を買った。

Img_3519

K247をそのまま南に走って海沿いにあったのが「魚太郎 海鮮市場」
新鮮そうな魚介類や干物が沢山並んでいる。

Img_3522

バイクじゃなかったら買って帰るんやけどね。
海辺には広いバーベキュースペースもあって家族連れで楽しめそう。

さらに南に走ると「まるは食堂」の案内板が有ったのでK280へ
半島を横断するようで半島の先端まで行かなくてもショートカットが出来るようだ。

しかし知多半島は思ったより小さい。
縦断するのにもっと時間がかかるかと思っていたけどあっけなかった。

豊浜に出て少し走るとK247から一本入った筋にあったあった「まるは食堂本館」

Img_3526

目の前が漁港だ。

Img_3527

11時の開店と同時に入った。
噂ではずいぶん混んでいるとの事だったけどそれほどでもない。
駐車場も空いている?

コースメニューや単品料理が色々あるけど¥1750のコースを注文。

Img_3523

大きな海老フライが名物らしい。
うん、衣だけじゃなくて中身まで大きな海老だ。

Img_3524

Img_3525

だけど全体のボリュームがもう少し欲しいな。
う~ん、こんなものかな・・

空いているのでゆっくりできたけど、何か感じが違うような気がする。
もっと沢山の客で混雑していると思っていたけどな~。
情報では日帰り温泉がすぐ近くにあるらしいけど見当たらないし・・

もう少し半島の先、師崎方面へ走ってみた。
するとここにも有りましたよ、「まるは食堂豊浜本店」
よくブログで見るのはここだったのか。

Img_3531

駐車場も一杯だし隣に温泉施設もある。
中に入ってみると土産物の売店があったり順番待ちの人が沢山待っていたりでごった返している。

帰ってから調べてみたら私が行ったのは姉妹店のようだ。
別会社のようで、のれん分けされた店なのかな?
メニューは一緒のようだけどね。
ま。空いていてゆっくりできたからいいか。

K247を北へ向かった。
道路沿いにかわいい灯台が見えてきた。
野間灯台だ。

Img_3533

海岸へ降りてみるとなかなかいいロケーションだ。
ここも恋人の聖地になっているらしい。

Img_3536

さらに北へ向かうと常滑の街に入る。
常滑はやきものの町。

陶磁器会館にバイクを止めて散策コースを少し歩いてみた。
陶磁器を地面や壁面に埋め込んだ坂道がつづく。

Img_3540

Img_3543

レンガ造りの窯の煙突がたくさん立っていて焼き物の街の雰囲気がよく伝わってくる。
沢山の人が地図を片手に散策していた。

Img_3545

常滑インターから知多横断道路に乗って帰途に就いた。
帰りの時間帯には東名阪の渋滞も解消していて快適に走ることが出来た。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

2017年3月20日 (月)

小津安二郎史料館

映画監督の小津安二郎の史料館が松阪に有るらしい。
彼の作品をそれほど沢山見たわけではないけど「東京物語」や「秋刀魚の味」など庶民の日々の生活を抒情的に描いた作品の数々はどれも傑作だと思う。

小津安二郎が青春時代を過ごしたという松阪に行くことにした。
ツーリングマップルを見ると松阪へはR166をどこまでもまっすぐ行くと自然に松坂の街に入るようだ。
これは楽チンとR166を東に向かう。

「道の駅 飯高駅」で小休止。
天気もいいし季節も暖かくなってきたのでバイクもたくさん止まっている。
写真には映っていないけど左側にはツーリンググループのバイクがたくさん止まっていた。 

Img_3501

道の駅のすぐ近くにも小津安二郎の史料館が有るらしい。
道の駅から200メートルほど東に向かった所にある老人福祉センターの一室に史料館の看板が立っていた。

Img_3502

入館は無料だ。
案内のおばさんがいて詳しく説明してくれる。

小津監督はこの福祉センターの場所に有った尋常小学校の代用教員として一年間この地で過ごしたそうだ。
今も存命中の教え子たちの尽力でこの資料センターが開設されたそうだ。

Img_3503

くるっと一回りして出るつもりがおばさんの話につき合っているうちにずいぶん時間をくってしまった。
さて、松阪を目指そう。

さすがに松阪の街中は車が多い。
どの道も渋滞気味で時間がかかる。

少し道に迷いながらようやく「小津安二郎青春館」に到着した。
こちらも小さな史料館で入館は無料だ。

Img_3508

短いビデオを見てここでもおばさんの説明を聞いた。
この場所は小津家の住居跡だそうだ。

小津安二郎は松阪商人の裕福な家庭で育ち松阪で青春時代を過ごしたらしい。
近所に会った映画館に入り浸りすっかり映画の虜となった松阪での生活が、その後の人生に大きな影響を与えたようだ。

久しぶりに小津作品のビデオを見たくなった。

松阪と言えば松阪牛が有名だけど、なぜか鰻料理の店も沢山ある。
そんな中で市内から少し離れた「うなぎのなんけ」で昼食にした。

三角屋根のちょっと変わった形の小さな店だ。
食べログでも評判がよさそう。

Img_3513

昼ご飯には少し時間が遅かったので空いていた。
テーブル席が二つと座敷にもテーブルが二つ位あったようだ。

注文は「うなぎのひつまぶし」
少々値が張ったけどこれは美味しかった。
皮はパリっとして身はふんわり。
一杯目はそのままで、二杯目は薬味を乗せて、三杯目は出汁をかけてお茶漬け風にして食べた。 量も多くて四杯目まであった。

Img_3510

すっかり満腹になって、さてそろそろ帰ろう。
帰りもR166を一直線で帰ることにした。

「道の駅 茶倉」で小休止。
高台から見下ろすと小さくてかわいい建物やね。

Dsc_0589

後は休憩なしで家まで走り続けた。
さすがに休憩なしでは少々お尻が痛くなった。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

2017年3月12日 (日)

観梅と温泉

少々雲が多いものの青空も顔を出す土曜日
そろそろ月ヶ瀬梅林も見頃だろうと出かけることにした。

阪奈道路で奈良へ向かった。
先日からお尻に出来物が出来てシートに体重をかけると少し痛い。
阪奈道路の大阪側はカーブが連続するけどカーブで体重をかけづらい。

奈良公園からK80に入る。
K80もカーブが連続する快走路。
だけどお尻が痛いので慎重に走る。

広域農道でK4に入り月ヶ瀬茶屋でトイレ休憩。
梅林まではもう少しやけどそこまで我慢できない。
歳は取りたくないもんやね。

梅林の駐車場にバイクを停めた。
何気なく止めたけれど前下がりの傾斜になっている。
これは出るときに苦労しそう。
よく考えて駐車しないとあかんね。

梅林を散策。
沢山の観梅客で点在する茶屋や売店も賑わっている。

Img_3489

Img_3495

開花状況はまだ五分咲き位だろうか。
それに老木が多いようで開花していても花の付きが少ない木も多い。

Img_3492_2

Img_3497

アップダウンの多い広い梅林をテクテク歩いていい運動になった。

駐車場に戻って傾斜のついた駐車場所からバックするのに手間取っていると
隣に止まっていたカップルのライダーが後ろから引っ張ってくれた。

男性がGS1200、女性がR1200Rと二人ともBMW乗りのカップル。
カッコいいね。

K753からR163に出て「島が原温泉 やぶっちゃの湯」で一風呂浴びることにした。
ここは源泉風呂もあって広くてゆっくりできる温泉だ。

Img_3499

風呂上りに中のレストランで伊賀牛の牛丼で昼食。

Img_3498

帰りは名阪道に乗った。
梅と温泉をゆっくりと堪能した一日だった。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

2017年3月 5日 (日)

道後温泉と金毘羅参り

前回の続きです。

瀬戸内の船旅は波静かで眠気を誘う。
ウトウトしている間に松山港に到着。

上陸してまずは松山のシンボル松山城へ。
ロープウェイ近くの駐車場に車を止めて天守閣のある広場へ。

ロープウェイのおねえさんは袴をはいた明治時代の女学生の装い
広場からは松山の街並みが見下ろせる。

Img_6418

天守台広場の茶店でミカンがトッピングされたミカンソフト。
美味でした。

Img_6419

帰りはリフトで降りたけど、この時期のリフトはちょっと寒かった。

ロープウェイ乗り場から歩いてもすぐ近くにある「坂の上の雲ミュージアム」へ
ミュージアムは「萬翆荘」と書かれた門を入った敷地の一角にあった。

Img_6427

ところが現在展示品の入れ替え中とのことで2階部分しか見学できなかった。
残念。

「萬翆荘」は広い庭園の中にヨーロッパ風の大きな洋館が建っている。
後で知ったけど松山藩主の子孫の久松伯爵の別邸として建てられたものだそうだ。
カフェもあるようでいろんなイベントにも使われているようなので、ちょっと覗いて見ればよかった。

Img_6424

そろそろ今夜の宿へ向かうことにした。
今夜の宿は「夢寛歩道後」
市内からはちょっと離れているけど静かな夜を過ごせた。

Img_6430

翌朝、朝食もそこそこに10分ほど車を走らせて道後温泉本館へ。
ちょっと割高だけど2階の「霊の湯」に入ることにした。

Img_6432

「霊の湯」に入ると3階の個室を使える。
個室もなかなか風情が有ってゆっくり出来るね。
ただ暖房が入っていないので風呂あがりでないと少々寒い。

「霊の湯」は1階の「神の湯」に比べて少し狭いけれど人も少ないのでゆっくり出来る。
風呂上りには坊ちゃん団子とお茶が出る。

Img_6434

こちらは夏目漱石がいつも使っていたという「坊ちゃんの間」

Img_6443

そして皇室専用の浴室「又新殿」も見学した。
最後に使われたのが昭和30年頃らしいので、もう使われることはないやろうね。

松山道に乗って西に向かった。
次に向かったのが観音寺にある銭型の砂絵。
テレビドラマの銭形平次のタイトルに出てたあれね。

一方通行の急登でしかも急カーブの細い道を登った所にある琴弾公園の展望台から眺めた。

Img_6451

R377で次に向かったのが金毘羅さん
40年以上前に来た事があるので2回目のお参りだ。
長い石段も思ったほどきつくなかった。

Img_6460

Img_6462

Img_6468

中ほどにある資生堂パーラーで小休止。
金毘羅さんとは不似合いなおしゃれなパーラーだ。
石段の登りが長いだけにお年寄りの姿は少なく若い人の参拝が多いようなのでおしゃれなパーラーも人気があるのかもしれない。

Img_6470

降りてきてから参道にある金毘羅うどんで昼食。
行列が出来ていたけど回転が早いのですぐに案内された。

Img_6454

「天ぷらぶっかけうどんミニセット」を注文
腰のある讃岐うどんは美味しかった。

Img_6473

他のうどん店も食べ比べに回ってみたかったけど家まではまだまだ距離があるので善通寺インターから高松道に乗って家路に付いた。

色々詰め込み過ぎたかもしれないけど楽しい二日間を過ごすことが出来た。
いつも反省するけど次回はポイントを決めて、もうちょっとゆっくりした旅をしたいね。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

2017年3月 1日 (水)

大和ミュージアムへ

大和ミュージアムに行ってきました。
前から一度行ってみたいと思っていたけど日帰りはちょっときついんで 一泊で行くことに。

一泊するならついでにあっちもこっちも寄ってみようとつい欲張ってしまう貧乏性。
なんでゆっくりしようと思わんのやろうね。

今回は嫁さん同伴なので車で行くことにした。
朝四時起きで山陽道をひたすら西を目指した。

早朝の高速道路はトラックばかりやね。
白々と夜が明けてくるとトラックが減って乗用車が増えてくる。

九時過ぎに開館直後の大和ミュージアムに到着。
すでに結構な人で賑わっている。

Img_6382

10分の1の大和はさすがに迫力があるね。

Dsc_0520

Img_6387

人間魚雷や零戦の展示もあって見応えがある。
いろんなビデオも流れているのでゆっくり回ればずいぶん時間がかかりそう。

Img_6390

一通り回って向かいにある「てつのくじら館」へ
現在化粧直し中とかでシートに覆われていて外観は見れない。

Img_6410

内部の見学は出来るので入ってみた。

Img_6403

館内の展示を見てからいよいよ潜水艦の内部へ。
想像以上にずいぶん狭い。

Img_6405

ベッドは圧迫感が有ってうなされそう。
乗員はきっと小さな人ばかりを選りすぐっているんやろうね。

一階のカフェで「あきしおカレー」の昼食。
「あきしお」は展示されている潜水艦の名前やね。
ご飯が潜水艦の形になっていて日章旗が可愛いね。

Img_6406

大和ミュージアムの隣にあるフェリー乗り場へ。
松山行のフェリーに乗って2時間の船旅だ。.

Img_6412

続きは次回へ

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

2017年2月19日 (日)

南部の梅と衣奈のボートカフェ

三寒四温で寒い中にも春めいた日が来るようになって和歌山方面の梅便りは満開のようですね。
それならと観梅に出かけることにした。

南部梅林は毎年のように行っているので今年は同じ南部の岩代大梅林に行くことにした。

阪和道に乗って南に向かった。
凍結防止剤が撒かれているので道路が白っぽい。
SAで休憩した時に見るとパンツの裾が白く汚れている。

印南で降りてR42をさらに南に向かう。
スピードは出せないけど右手に海を眺めながら快調に走る。

やがて案内板にしたがって高台へと向かっていく。
道路の左右はすでに梅林だ。

Kanbai1

高台の駐車場にバイクを止めた。

Kanbai2

入口から見下ろすとはるか下の方に梅林が見える。
四角く区画された土地にびっしりと梅の木が植えられているので梅林と言うよりは梅の実を採るための梅畑って感じやね。

Kanbai3

梅の数では大梅林って言うだけのことはあるけど情緒の面ではイマイチかな。
斜面ではないので梅の木の下でお弁当を食べるのにはちょうどいいね。

Kanbai4

Kanbai5

Kanbai6

情緒と言えば月ヶ瀬梅林の方に軍配が上がるかな。
一巡りして駐車場までの坂道を登ると汗をかいた。

由良町の衣奈に人気のカフェがあるって聞いたので帰りに寄ることにした。
R42を北に走り由良町でK23で海辺へ向かった。

海岸沿いの細い道を突き当りまで行ったところにイタリアンレストランとカフェがあった。
左の奥がイタリアンレストラン、右の坂を登った所がカフェ。

Kanbai7

昼御飯がまだだったのでイタリアンレストラン「BALORICCO」の方に入った。
客は若い女の子のグループばかりでおっさん一人はちょっと浮いてたみたいやね。

Kanbai8

倉庫を改装したちょっとおしゃれなレストランだ。
元はマリーナの倉庫だったのだろうか?

Kanbai11

カフェは「ボートカフェ・衣奈マリーナ」
ちょっと覗いてみたけど、こちらも若いお客さんで一杯だった。

Kanbai9

これからの季節、表のデッキでゆっくりしたらいいだろうね。 
ロケーションは最高やね。

Kanbai10

これは帰りに撮った写真。

Kanbai12

帰りはK23で広川、湯浅を通って有田で私の仕事の仕入先に寄ってみた。
土曜日なのでもちろん休みで誰もいないけどね。

業界関係者でないと興味のない話ですね。 

ここは軍手やゴム手袋、革手袋などの作業用品メーカー「ユニワールド」
プーマの安全靴「PUMA SAFETY」の日本総代理店でもある。
創業20年ほどで急成長中の若いメーカーだ。

Kanbai13_2

そこからR42を15分ほど走った所にあるのが「富士手袋工業」
こちらは有田でも有数の老舗軍手メーカーで古くからの仕入先だ。

Kanbai14

南部の梅は今月一杯くらいが見頃のようですね。
月ヶ瀬梅林はまだこれからのようだから来週あたりは月ヶ瀬がいいかもしれませんね。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

2017年2月 9日 (木)

ブーツの張り替え完了

先日、クシタニからブーツの修理が出来たとの連絡があった。
ソールに穴があいたので張り替えに出していた。

12月初めに出したので2カ月近くかかったね。
その時の記事はこちら

先日の琵琶湖ツーリングの帰りに引き取りに寄ってきた。

R171で信号待ちの時にふと横を見ると「BMW MOTORAD MITUOKA」の看板が見えた。
「お、こんなところにもディーラーが有ったんや」と眺めると
スタッフとお客さん3~4人がバイクを囲みながらこちらを見ている。

スタッフらしき人と目が有ったら会釈をしてくれたのでこちらも会釈を返した。
同じBMWだもんね。
なんとなくホッコリ。

クシタニ箕面店でブーツを受け取った。
修理費用は10000円。 底は新品になったね。

Dsc_0505

つま先部分がかなり剥げていたので少しはきれいになって返ってくるのかと思ったけれど底以外はそのままだった。
ちょっと残念。

Dsc_0506_2

仕方がないので自分で靴クリームを塗って磨いておいた。
接着剤のはみ出しが多いのがちょっと目につくね。

もう暫くの間はロングブーツの方が暖かくていいのでこのブーツは暖かくなるまで大事にしまっておこう。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

2017年2月 5日 (日)

菜の花畑と佐川美術館

この季節になるとあちこちのブログで見る光景。
雪の比良山系をバックにした菜の花畑。

「行きたい所メモ」に以前から書いてあったけどなかなか行く機会がなかった。
4日の土曜日は天気もいいし気温も暖かくて絶好のツーリング日和。
正月以来、一ヶ月ぶりにR1200Rを引っ張り出した。

近畿道、第二京阪道、京滋バイパスと乗り継いで石山で降りた。
瀬田川沿いを北上し瀬田の唐橋を渡ってK559に入ればもう琵琶湖。

湖岸道路沿いは公園になっていて駐車場も点在している。
ジョギングする人や散歩をする人、釣り糸を垂れる人など長閑な光景が続く。

琵琶湖の向こうには雪をかぶった比良山系が見える。

Img_3416

琵琶湖大橋との交差点を過ぎた所にあるのが第一なぎさ公園。
駐車場待ちの車が列を作っていたけどバイクの特権ですき間にバイクを止めることが出来た。

菜の花畑は思ったほど広くはなかったけど雪をかぶった山と菜の花の黄色のコントラストがきれいだ。
沢山の人がカメラを片手に写真を撮っている。
少々人が多すぎるね。
もっと早い時間帯に来れば静かな写真が取れるやろうね。 

Img_3422

湖岸道路を少し戻って佐川美術館へ寄ることにした。
佐川急便が美術館を持っているとは知らなかった。

外観は和風ではあるけどモダン。
周囲を浅い水庭に囲まれて水に浮かんでいるようだ。

Img_3427

Img_3439

展示は平山郁夫の絵画と佐藤忠良の彫像、楽吉左衛門の陶芸と変化に富んでいて面白い。
水庭にもオブジェが展示されている。

Img_3437

Img_3438

ゆっくり見て回ると結構時間がかかる。

美術館内のカフェで昼食。
パスタのランチセット。

Img_3432

湖岸沿いの駐車場にバイクを止めて景色を眺めながらノンビリしていると眠くなってくるような暖かくてよい天気だった。
そろそろ春もそこまで来ているようやね。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

«今年の走り初めは